Oライン 洗い方

人には聞きにくいOラインの正しい洗い方とは?

Oラインの洗い方

肛門周りいわゆるOラインは正しく洗えていますか?

 

肛門周りの黒ずみや臭いが気になって、彼とのスキンシップに積極的になれないと悩んでいるかもしれませんね。

 

もしかしたらそれはOラインの洗い方に問題があるかもしれません。

 

そこで、ここではOラインを含めたデリケートゾーン全般の正しい洗い方について見ていくことにしましょう。

 

優しく洗うことが大こと

 

Oラインなどのデリケートゾーンは皮膚も薄いですし、粘膜が多い部分です。体の中でも刺激に敏感になる部分です。

 

ですから、洗い方にも注意が必要です。石鹸やボディソープを直接的に付けるのは良くありません。

 

それよりも手を使ったり、専用の泡立て用のネットを使って泡立てて洗うようにします。そして洗う時には優しくするのが基本です。

 

OワインやIラインなどのデリケートゾーンの特徴としては、細かい部分に垢や汚れが溜まりやすい構造をしていることです。

 

そのため、シャワーを使って流そうとしたり、泡をのせただけでは容易には落ちません。

 

そこで指の腹を上手に使い、皮膚を傷をつけないように丁寧に洗うことが大ことです。

 

洗う順番は陰毛、陰核、性器部分、会陰部分の順で洗っていきます。最後に肛門周りを優しく洗ってあげます。

 

陰毛を洗う時のコツは根元の肌をマッサージするように洗うことです。そして最後に手を使い軽く毛の流れと逆方向に引っ張って、抜ける毛は抜いてしまいます。

 

実は陰毛も他の毛と同じように周期が来たら抜けていきます。毛抜きをすることでショーツに抜け毛が落ちるの防げます。

 

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

 

OラインやIラインの黒ずみや臭いに悩む人の中には正しく洗っているのに、それでも黒ずみがしつこかったり、臭いが強いままだったりします。

 

またボディソープで洗浄したら痒みが出てくるという人もいます。そのような人はデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸にはいろいろな商品があります。

 

アソコの臭いを抑えることを売りにしているもの、お肌への刺激が少ないことに重点をおいているものなど。

 

いろいろなタイプの商品があるので、自分に合うものを使ってみるようにしましょう。

 

ただし注意してほしいのは、丁寧に洗浄することは良くても、ゴシゴシと洗い過ぎるのはNGです。

 

例えば膣内まで指を入れて洗わなくてもかまいません。膣内の環境は常にpH4弱の弱酸性であることが望ましいのです。

 

膣内を弱酸性にすることで雑菌の増殖を抑えています。このことは膣の自浄作用と呼ばれています。

 

非常に重要な働きで、毎日石鹸で膣内までゴシゴシ洗ってしまうと、この機能が落ちてしまいます。

 

膣炎などの病気を発症するリスクを高めてしまうので洗いすぎには注意してください。

 

もちろんOラインなどのデリケート肌に対しても同様です。

 

 

Oラインなどの黒ずみや臭いに悩んでいても、他人には相談しずらいですよね。

 

でも、デリケートゾーンの悩みを抱えている女性はたくさんいます。デリケートゾーンの正しい洗い方を身につけて、黒ずみも臭いも上手に落としましょう。

 

場合によっては専用の石鹸も効果的ですよ。